ネムリネズミは夢を見る

スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

未分類

肩こりが酷い


卒業式は大人しくおっちゃんこしてなきゃいけない辛い行事だと中学の先生が言っていた。


その通りだと思う。


たったり座ったりでもうふらふらです。
そして身体がゴキゴキ鳴ってる。

小説書いている間も肩が泣きそうだった。

まぁ、もう少しの辛抱だから我慢するか。



制服から解放されるかと思ったら新しい問題。

服どうしよう。

普段紳士服しか着ないから困る。

だって婦人服だと丈が短いんだもん。
お腹出る。

あとズボンとかサイズ合わない。
丁度いい奴はたいてい短い。(別に身長があるわけではない)

骨格がどちらかと言うと男に近いが、やっぱり体格差で紳士ものも違和感がある。
仕方ない。
タイかどこかの民族服みたいな輸入服を着るか。
あれなら体格気にならない(笑)

でも着たくない。




『銀の剣と黒の殺し屋』設定が増えたのでキャラクターのところを書き直さなくてはいけなかったことに気がついた。
やっぱり異世界ものは設定命だが、どこまで読者に情報を提供するべきかが分からない。

あまりありすぎると混乱するがなさ過ぎると理解できないかもしれない…
玻璃さんは絶対に解説しないだろうし、アラストルさんは勘違いして追っかけるタイプだと思うから、アラストルさんが分からないことも読者は知ってるよ。『アラストルはばかだなぁ』なんて思いながら読めるようにしたほうが読者に何らかの優越感があるのだろうか?

個人的に主人公が知らない情報を手に出来ることが読者の特権だと思うので間章を入れているのですが、それをどこまで入れていいのかも分からない。

でも多分アラストルさんは馬鹿だ。

いや、絶対。

学力的には玻璃さんのほうが上。
でも精神的にはどっちも同じレベル(つまりガキ)

玻璃さんの精神年齢は8歳前後です(笑)
もしかしたら5歳くらいかもしれない。

とりあえず純粋ゆえ残酷的な感じですね。
でも生きた年月の分はやっぱり知恵がある。

玻璃さんめっちゃ細かい設定も公開できるけど先に『我が名誉にかけて!』のほうのキャラを全員公開したほうがいいだろうか?
まぁ混ざっても読みたいキャラだけ選択できるから問題はないと思うけど…
ただ、あんまり公開しすぎると既にネタばれでしたってことになりそうだから、もう少し後にしておこう。
スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。