ネムリネズミは夢を見る

スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

キャラクター詳細

玻璃




玻璃
年齢:23歳 性別:女 誕生日:12月25日 血液型:AB型 一人称:私
出身国:日ノ本 所属:ディアーナ 武器:ナイフ、剣、銃等
身長:158cm 体重42kg
家族構成:姉二人 父(義兄)
コードネーム:ドーリー 識別番号:零四壱

好きな花:沙羅双樹 彼岸花 薔薇(紫) ラフレシア
好きな色:黒 利き手:両利き 
苦手な人:スペード・J・A、司祭、ミカエラ・カァーネ
好きな人:シルバ、アラストル(保護者的な意味で)、朔夜、瑠璃、ジル(遊んでくれるから)
好きな動物:人間以外全部。特に猫科と魚類(特に鮫)が好き。獰猛なら獰猛なほど。

備考:数字が数えられない。文字は書くのが苦手。
ただし、記憶力と分析力はある。
純粋な格闘は苦手。

好物はピザとパスタとドルチェ全般。
嫌いな食べ物はマグロと辛いもの。

基本的に何を考えているか分からない子。
『ガキ』と呼ばれるのを少し気にしているが精神年齢は五歳児程度。
本人曰く、ナイフを投げるより繊細な作業は出来ないとのことで料理は全く出来ない。が、絵を描いたり彫刻をしたりという芸術的な動きは出来る。

人を殺すことに関して何の関心も無いが、『懐けば』それなりの考え方になる。
嫌いな人はとことん嫌いで好き嫌いが激しい。
仕事も遊びも同じ考え方。


経歴

一切不明



ディアーナ所属員は経歴に関して一切触れることを禁じられているため、情報掴めず。



続きに個人的な考え(あまり関係が無い)




玻璃が数を数えられないのは時々飛ばしてしまうから数が合わない。
指の数までならなんとか確認できる(笑)

この設定アラストルにしようかと思ったけど、彼は保護者なのでやめました。
でも、玻璃は馬鹿じゃない!

専門馬鹿だ!

ということで、毒や戦闘の知識は異常にあります。

ついでに言うと、人を使うのが得意(なぜか)
ゴミ以下と呼ばれる部下も上手く使いこなします。


誕生日がクリスマスなのは神に見捨てられたものだから。
瑠璃は…瑠璃のときに。


名前の由来は水晶(硝子)ですね。
見かけよりも繊細ってことで(笑)


玻璃にとってシルバは保護者であり師匠であり初恋の人です。(当時13歳)
そっくりなアラストルに動揺するのでそれを隠すためにも『三十路』とか『オジサン』とか呼んでいます。
それ以外の人は大抵名前か通り名で呼びます。
嫌いな人はフルネームで呼びます。(例 「スペード・J・A」)

この嫌いな人をフルネームで呼ぶというのは火冬が良くやることですね。
多分登場人物の微妙な場所に僕の癖とかそういったものが出てると思います。





言ったら怒られそうなネタ


玻璃の原型は『呪詛』だったりします。
呪いや恨みが詰まっていて、一度復讐を決めたらとことん追い詰めるタイプです。
その反面、主人には忠実(玻璃の場合はセシリオの命令は絶対という暗示的なものがある)
あと、ヤンデレちっくに病むのは火冬の趣味。

男女関係無くヤンデレ好き。
でも女の子のヤンデレのほうがやっぱり好きだぁ!ってことで。

え?キャラクターデザインの元ネタ?
ああ、某少女マンガのハーフの少女ですね。マダムバタフライの娘の彼女です。
知らない人はスルーしていいです。
あの人の絵が好きで、それを見ながら毎日練習していたことは秘密ですよ。

スポンサーサイト


*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。