ネムリネズミは夢を見る

スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

未分類

色々分類してみよう


折角なので、さらに奴らを分類してみようと思う。
奴らって?

もちろん最近火冬を乗っ取ろうとしているやつらだよ。

レンタルDVDコーナーで勝手に自分の好きなジャンルの方に行かせようとしたりしてくるやつらだよ。

まぁ、火冬の場合、趣味が合うのは瑠璃玻璃あたりですがね。アラストルさん論外でした。
って事で、今回は好きな映画ジャンル。


アラストル:ロマンス映画。特にフランスあたりの妙に甘ったるい奴。
結構心は乙女なんだなとか思ったり…
でも、ロマンス映画が好きな男性って結構多いみたいですね。
レンタルコーナー男性率高かった。

玻璃:ホラー。特に失神系に興味があるらしい。
呪いのビデオをジーっと見つめていたのをスルーして昔のモンスター映画を物色していたら今度はそっちに興味を持ったらしい。
玻璃曰く「それ観る時呼んで」
嫌です。
ベラ・ルゴシは一人で観るんだい。
よくわからない叫びを上げたいんだい(喜び的な意味で)

ジル:戦争映画。特にドイツあたりの奴。
ごめん、苦手なんだ。でスルーさせてもらった。
いや、マジで戦争映画は苦手だ。イギリスの戦争映画はまだマシだけどフランス、イタリアあたりのはなぜか眠くなる。

瑠璃:アクション映画。特にモンスター系と香港アクション
吟味してたら隣で一緒に選んでる瑠璃。
ってかお前、古いの好きだな『酔拳』
酔拳は実物見たことあります。本当にあんな動きするみたいですね。
真似はしたくないけど。

朔夜:動物系のCGアニメーション
ディズニーあたりでうろうろした跡に、『アイス・エイジ』持って来たよ。
家にあるよと言ったら随分喜ばれた。
観ないけど。

セシリオ:とりあえず一通り。ロマンスとホラーがお気に入りのようだ。
どっちかにしろ。
で、最終的にアラストルと一緒にロマンス映画のあたりをうろついていた。
お前もか。
それ以外何も言えない。

ミカエラ:SF系
特に巨大生物物が好きなようだ。
宇宙人が攻め込んでくるの観て楽しいのか?と訊きいただ、「来たら返り討ちだ」と笑われてしまった。
『タイムマシン』を勝手にカウンターに運ぼうとしていたのを何とか阻止。
ごめん、お金ないんだ。
そう言うとかなり不機嫌そうな顔をされる。

スペード:サスペンス系
興味深そうにノンフィクションをうろついた後、結局ホラー系へ。
ノンフィクションのコーナーで「本当に脚色無しですか?」などと呟いて、それからサスペンス映画のあたりをうろつき始める。
隣で火冬が手にしていたDVDを観て「許容範囲です」との一言。
だから一人で観たいんだって。

ウラーノ:児童書原作のファンタジー映画
『ハリーポッター』とか好きですよ。彼は。
話題作は一通り観るタイプですね。
新作コーナーでまたなにやら有名監督の作品をチェックしてたけど今回は気に入ったものが無かったらしい。
良かった…

蘭:特撮
初代ライダーを発見しうれし泣き。
遠慮がちに観たいアピールをするのをスルー。
電王なら家にあるよ?と言うと「せめてアマゾンが良いです」とのこと。
平成ライダーは好きじゃないようだ。




もうお前らついて来るな。

因みに借りたのは『羊たちの沈黙』。玻璃とスペードは観たいと言って来たが追い出す。
映画は一人でゆっくり何も考えずに観たいんだと告げると「寂しい奴」と言う目で見られる。

悪いかよ。
映画館は常に一人で入るぜ?
邪魔されたくないから。
アニメも特撮も推理もSFも全部一人だ!ついでにホラーも。

玻璃がやたらと『悪魔の棲む家』を観たがっていたからあとで父の部屋(父不在)を漁ってみよう。
古いホラー映画のラベルのビデオテープがたくさんある。
本当にラベルがあってるかは知らないけど(笑)
昔、『食人族』ってラベルのビデオを観たら中は『透明人間』だった。
いや、DVD買わなきゃ良かったなとか思った瞬間。

ビデオあるんかい!みたいな。

因みに火冬、ホラー映画禁止されてるくせにホラー好きです。
ホラー観て爆笑しています。

サイレンとか観たいな。
我が家で許可が下りるのはせいぜいモンスター映画とかサスペンスまで。
ああ、サイコ系はまだセーフか。

ホラーとか観ると寄ってくるからダメなんだそうです。
『エクソシスト』観たいな…
かなり話題作だったかななぁ…

って、玻璃と同じようにおねだりしても『キモイ』で一蹴されるので止めますけど。

ってか一番探していた『血と薔薇』が見つからなかった。
吸血鬼もののレズビアン映画(笑)
嘘です。そういう要素を含む『吸血鬼カーミラ』の映画です。

最近字幕映画も好きになってきました。
でも声優好きとしては吹き替えが良い。

『王の男』の石田さん最高でした。

セシリオ「僕もあれを観たいのですが」
ごめん、父さん持って帰っちゃった。

父は韓国映画で韓国語を覚えるほど韓国映画好き。
スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。