ネムリネズミは夢を見る

スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

未分類

写真に感動


最近メディアの人とも関わるようになって今まで知らなかったことも結構知る機会が増えたのですが
写真って不思議ですね。

だって、カメラってボタン一つで誰でもその空間を切り抜けるのに、撮る人によって同じ空間が全く別な印象を受ける。
映像もそう。
情報量が多いのに、全てじゃない。
その一面が、その撮った人が見て伝えたい世界なんだろうなって思いました。


舞台の理論の先生は『映像は嘘吐きだ』って言ってたけど、それもまた事実だと思う。
テレビのニュースは都合のいい場面しか見せてくれない。
戦場の映像だって人間がぐちゃぐちゃになるような悲惨な場所は隠して、戦車が進む姿とか疲れ切った人々の様子だけを写す。
リアルの一部を切り取ってきて見る人は全部知った気になってしまう。

情報って怖いなって思います。

映像って、結局、結果しか教えてくれない。
その場に居ないと分からない空気の変化なんかは教えてくれないって。
教授の言葉に結構共感してしまった。
これは僕自身が意志薄弱なせいなのだろうか?


だけど、映像って楽しむためにもあるから、事実を伝えるだけじゃない。
たくさん嘘を吐く。
写真も最近加工が進んでかなり嘘を吐くようになったけど、何だっけ、あれ。
撮ったやつがすぐ見れるやつ。名前が出てこないや。
ああやってすぐ見ると、さっき見ていた光景が全く違うものに見えちゃったりするから凄く不思議だ。



ってことで、今日は語り風に書いてみた。
スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。