ネムリネズミは夢を見る

スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

台詞系

玻璃の一日


玻璃の一日

一人芝居可

人物像:玻璃(23歳)は過保護な夫に世話されっ放しの女性です。
職業:暗殺者





起床
「朝起きたら、まずぼんやりと天井を見つめるの。そしてしばらくして、猫が顔を舐めてきたら起き上がって、着替えるわ」
 
 朝食
「いらないわ。(しつこく言われる)………そこまで言うなら……ミネストローネを頂戴…」
 
 休暇
「暇………ダーツ飽きた…藁人形作ったら怒られるし……ふぁあぁ…寝る……(熟睡)」

 昼食
「……いらない………う~ん…眠いの……(食べ損ねる)」

 夕食
「ドルチェは何?あ、この匂い…洋ナシだ。今日のドルチェはタルト…」
「今行く」
「……マグロ嫌い…(そういいつつ、相手の皿にマグロを移植して怒られる)」
「だって……おいしくないんだもん……」
「(お楽しみのドルチェ)ん~っ、美味しい……(幸せ)」

 お風呂
「あ…シャンプー無い……(詰め替えは外)」
「シャンプー取って(受け取り)ありがとう」
「(お風呂あがり、恐怖のドライヤー)嫌だ!!熱いもん!!」
「(結局捕まる)むぅ…この音嫌い……髪なんて放っとけば乾くのに…」

 就寝
「ふわぁあ……んーっ、もう眠たいよ……」
「(相手のほうを見て)おやすみなさい……(熟睡)
スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。